生理前の育児がつらい。ごみ箱蹴飛ばして自己嫌悪に落ちいる前に対策を

生理前になると育児が本当につらいと感じる時期がありました。

PMS(生理前症候群)というやっかいなヤツで、本当にちょっとしたことでイライラしてしまって、ごみ箱を勢い余って蹴り飛ばしてしまって・・・そして後で自分で片づける・・・なんて自己嫌悪なつらい日々か続きました。

 

何よりかわいそうなのは、娘だったなぁ、と思います。当時保育園に通っていた娘。

私は会社員なので、会社から帰ってきて、そこから食事作りがはじまります。その時間が一番苦しくて仕方がありませんでした。

 

子供なんで、もちろんこっちの状況なんてお構いなしでグズグズするし、でもPMSでイライラがひどい時は、おおらかな心で見守ることができず、大好きなはずのママが鬼のように怒っちゃうんですから、心の発達に影響がないか、心配になったりもしました。

 

今は、イロイロ試してPMSの、特に精神的なつらさ、イライラやうつのような落ち込みに関しては克服した!と思っていますが、つらい生理前の時期にしていた育児対策を教えますね。

 

育児中の生理前のイライラ対策1:家事でゼッタイ無理しない

 

PMSが特にひどい時期は、1週間くらいなんですから、ここぞとばかりに家事をサボりましょう。

ただでさえ大変な育児にさらに家事が重なると、イロイロ考えなきゃいけないことが重なってつらいですよね。

食事は、出来合いのおかずを準備して、レンジでチンでも大丈夫。意外に食事を作る時間を減らすと、子供を構える時間も増えるので、グズグズしづらい傾向にありました。

「でも、出来合いのおかずなんて、お金が掛かっちゃう」うんうん、節約したい気持ち、わかります。でも、この1週間だけはなるべく何もしないくらいの気持ちでいましょう。もし、いつも通りにできたら、すごいことなんで自分を褒めてあげてくださいね。

掃除も1週間くらいならしなくたって死なないんです!最低限の家事は何か?を健康な時期に見極め、リストを作って置くとラクでしたよ。

 

育児中の生理前のイライラ対策2:旦那さんに協力を仰ぐ

 

「うちの旦那、ほとんど早く帰ってこないから・・・」

確かに、そういう家庭も多いですよね。私もそうでしたよ。娘が寝てしまった後に帰ってくるんですから(笑)

育児を手伝ってもらいたくても、なんの意味もないよーと思っていました。でも、仕事で忙しい旦那さんでも協力できることがあります。

例えば、食器洗い・お風呂掃除・ゴミ出しなどの家事だったら手伝ってもらえますよね?

我が家もどんどん旦那の家事負担が多くなっている気がします(笑)

でも、どの家庭も奥さんがニコニコしててくれるなら、旦那さんはそれが一番幸せみたいですよ^^

 

「今自分は働いていないから」「いつも仕事が遅くて大変そうだから」

そんな理由で、一人でぜーんぶの家事を抱えていませんか?育児ってどれだけ大変だか、慣れてしまって気づいてませんよね?

専業主婦でも堂々と「家事を手伝って」って助けを求めていいんですよ。

 

このブログでは、育児で忙しいあなたに、生理前のイライラなどのPMS対策について、少しでもお役に立てるように記事を書きましたので、ゆっくり見て行ってくださいね。

 

ランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、1クリックお願いします。⇒ 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

サイト管理人:りら

abata6
30代の会社員・1児の母。
・生理痛やナプキンかぶれ予防
・PMSを楽にする為に。
・妊活・不妊治療
女性の健康について書いてます。

>>詳しい自己紹介はコチラ

>>サイト運営者の方へ

このページの先頭へ